ホームお知らせ一覧人工ふ化したトキのひな 小松菜で成長

人工ふ化したトキのひな 小松菜で成長

2012年5月14日

長岡市で人工ふ化したトキのひなは、当社の新鮮な小松菜を食べてすくすくと育っています。

長岡市は平成23年10月11日に佐渡トキ保護センターより受入れた4羽(2つがい)のトキを、寺泊夏戸に建設したトキ分散飼育センターにおいて飼育を開始しました。

平成24年4月26日、このセンターで飼育している、いずれも4歳のペアから生まれた6個の卵のうち、2個が人工ふ化しました。(その後6個すべてふ化しました。)

ひなが小松菜で元気に成長することを期待しています。

当社は今後も自然環境の保護に取り組んでまいります。

アーカイブ