ホーム原信サマースカラシップの取り組み

原信サマースカラシップの取り組み

img_top

 長岡市とフォートワース市(アメリカ・テキサス州)の高校生がペアを組み、お互いの家庭で ホームステイをしながら、それぞれの市でのプログラムを通じて異文化や生活習慣を学び、 交流を深める事業です。渡航費などは(株)原信が社会貢献活動の一環として支援しますので 無料※です。
 この機会に外国の文化を学びたい、外国の人々に日本や長岡の文化を紹介したいという国際 交流に意欲のある方のご応募をお待ちしています。
※長岡プログラム中の活動費として3万円かかります。

海外での評価

ジョージ・ブッシュ氏からの感謝状
原信サマースカラシップが10周年を迎えた2001年、当時テキサス州知事であったジョージ・ブッシュ氏(第43代アメリカ合衆国大統領)から贈られた感謝状です。

国際姉妹都市協会からの表彰
協会発足50周年の記念の年に、世界の各国、各地域で姉妹都市交流に貢献してきた個人や法人を対象に行われた表彰です。
同協会では姉妹都市交流を通じて人と人、地域間の友情を育むことにより、世界の平和を実現・維持しようと第34代アイゼンハワー大統領が提唱して発足した協会です。

参加者からの手紙

交流プログラムの第一段階が終わりに近づくにつれて、まさに不思議なことが起こり始めました。地球の反対側に住んでいる私たちが永遠に続く思い出を分かちあっているのです。
原信サマースカラシップは私が知る限り最高の投資です。毎年20人の人たちが19人の新しい友を得て、限りない思い出で豊かになります。他の企業家が原社長様のような方でしたら世界はもっと素晴らしいところになるでしょう。こうした支援は”円”というお金としての価値より、人々のため、そして人々の将来のために大きな糧になるからです。(FW市の引率の方より)

活躍する日本のOB・OG

●貿易会社で諸外国との輸出取引に従事(1993年参加生徒)
●テキサスの大学に進学後、青年海外協力隊に参加(1996年参加生徒)
●タイで農業系研究所勤務(2001年参加生徒)
●ドイツ留学後、オルデンブルグにて助産師(2002年参加生徒)

長岡市国際交流協会
財団法人長岡市国際交流協会
長岡発→世界行!ふみだそう新しい世界!

原信ナルスの取組み