ホーム牛肉の生産履歴検索

牛肉の生産履歴検索

牛肉の生産加工履歴情報/国産牛の履歴情報が確認できます。
お客様が安心して牛肉をお買い求めいただけますよう、牛の個体識別番号(またはロット番号)の検索より牛の生産履歴情報が確認できます。

個体識別番号とは、牛を個体で管理・識別するために国産牛に取り付ける番号です。
商品を造る際、複数の牛肉(個体識別番号)をまとめて加工する場合があります。この場合の牛肉に割りあてられているのがロット番号です。

牛肉の写真

生産履歴フロー

生産履歴フロー

①耳標
国内で生まれたすべての牛に、10桁の個体識別番号が印字された耳標がつけられます。
②牛のデータベース化
個体識別番号によって、牛の性別や種別、牛の出生からとさつまでのデータなどがデータベースに記載されます。
③番号と表示の記録
とさつされて牛肉となってからは、加工・流通していく各過程で取引に関わる販売業などにより、個体識別番号が表示され、仕入れの相手先などが帳簿に記録・保存されます。
④追跡・遡及
牛肉については、牛の出生から消費者に供給されるまでの間の追跡・遡及(生産流通履歴情報の把握)が可能となります。

生産履歴検索

個体識別番号またはロット番号により、インターネットを通じて牛の生産履歴を調べることができます。

国産牛肉の安全・安心が確保されます。

原信ナルスの取組み